パソコープ広場

会員教室紹介

神奈川県の「ホームコンじゅく 鎌倉教室」の横沢 聡一先生をご紹介します。

パソコープ加盟教室の先生リレー記事「笑顔の輪」。2017年2月号は、ホームコンじゅく鎌倉教室の横沢 聡一先生です。
 
yokozawa1.png

【1】教室は何年目になりますか?

開じゅくしてから17年目 フランチャイズから始まり、2013年3月にパソコープに本格的に加入しました。初心者、シニア向けのパソコン教室で、グループレッスンがメインの教室です。生徒さんは圧倒的に女性が多いです。平均年齢は70歳超。開じゅく以来の生徒さんもいまだいらっしゃいますが、60代だった方も80を超えるようになり、高齢化は進んでいます。
yokozawa2.jpg

お家の、ちょっしたPC環境の変化などで、教室が楽しくなくなってしまう方もいらっしゃいますので、年間100回以上、主に生徒さん向けの出張サービスも行っています。
スマホ、タブレットは6年ぐらい前から(最初はタブレット、3年ぐらい前からスマホの方がメインです)積極的に進め、グループレッスンのほぼ全員がスマホ、タブレットをお持ちです。(ほとんどの方はSIMフリー機+格安SIMです)
昨年から、「SIMフリーの携帯ショップサービス」を前面に打ち出して、外部の方に対しても購入、設定、講座、サポートサービスをワンストップでできる教室にしました。
サポートサービスを昨年から会員制にして、連絡もとりやすくなり単発講座を募集しやすくなりました。スマホ、タブレット、デジカメラ(ミラーレス中心)、ネットショッピングなどの一般向けの講座も増えてきています。
 
【2】先生が普段から心がけていることは?
①「教室においでいただいているメリットをいつも感じてもらえる教室かどうか」
お友達とのつながりが楽しいものになり、教室に来ていれば世の中の流れをわかることはいつも気を付けているところです。教室に通っていてよかったといわれることが一番の誉め言葉ですね。
②「出し惜しみをしない」旬の話題や、大きな変革があった場合は、準備が多少間に合わなくても、話題性を重視しています。準備万端のコンテンツは、授業するうえでは楽ですが、メリットを感じて頂くために、スピードを優先して真っ先に紹介することは多いです。
③「知る」授業と「使えるようにする」授業を明確に分けている「知る」授業は、スピード性・話題性を優先。「使えるようにする」授業はしつこく何度何度もやっています。
 
【3】最近使ったパソコープのテキストは?
kamakura.jpg

エンジョイパックの評判はとても高いです。最近では、「折るだけでできるぽち袋 封筒タイプ」「好きな柄で作るコサージュ」「アイロンプリント用紙で作るティッシュケース」どれも、皆さん夢中で作られています。
コサージュは、自分の持っている服の色に合わせて作り、ちょっとした時に実際につけてお出かけになる方がいらっしゃいました。
ティッシュケースは想像以上に出来が良く好評です。日常使いの方も多いです。1回限りの授業にはもったいなく、ほかの物にも応用したいところです。
カレンダーは、年末恒例の授業になっておりますが、ワードではなく、ラベルマイティで作っています。
 
【4】最近のエピソードを教えてください。
開じゅく当初の生徒さんが、闘病生活を乗り越え、昨年スマホをきっかけに15年ぶりに復帰して頂きました。80歳を超えておられますが、失った時を取り戻すかのように、通常の授業だけでなく、スマホ、ミラーレス講座と、週に3回受けるときもあるほどです。
私たちの子供たち(中一の娘小一の息子)の成長と共にずっと通って頂いている生徒さんも多く、「万が一津波が来たら、子供たちを預かります」と真顔で言って頂いたこと。これも本当に嬉しかったです。
 
ホームコンじゅく鎌倉教室
住所:〒248-0016 神奈川県鎌倉市扇ヶ谷1-8-9鎌工会館ビル207
電話番号:0467-22-0313
[2017年2月17日 11:14]
<<パソコープ広場「笑顔...HOME
Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved