パソコープ広場

会員教室紹介

山形県酒田市の「アスプコンピュータスクール」の平野 慎先生をご紹介します

hirano.jpg パソコープ加盟教室の先生リレー記事「笑顔の輪」。2016年2月号は、アスプコンピュータスクールの平野 慎先生です。



【1】どんな教室ですか? 
 
hirano2.jpg平成8年3月に今は無きパソナコン塾(HCNのFC)としてスタートし、ちょうど丸20年。色々ありましたがあっという間ですね。
開校した当初は、Windows95が一気に広まった時代ですので、パソコンユーザーがどんどん増えていった時期で楽しかったですよ。
そこから8年目までは、右肩上がりの急成長で、教室も3校に増やし、スタッフも気づいたら正社員で20人をゆうに
hirano4.jpg
超えていました。
当時は厚生労働省の教育訓練給付制度があったり、無料IT講習会を請け負ったり、職業訓練を受託したり。気づいたら、いつのまにか公共機関との結びつきが深くなってしまっていて、教室というより職業訓練校という感じに変化してしまいました。甘いワナでしたねぇ~。国の施策、制度変更に右往左往どころか、シーソーのようにギッタンバッタンの連続で、ほとほと疲れてしまいました。
今は、職業訓練も続けておりますがシニア向けの講座を復活させたり、脳若講座にチャレンジしていまして、私自身も経営者モードから先生に復帰!しました。
やはり生徒さんと向き合うのは楽しいですね!
 
【2】普段から心がけていることは何ですか。

hirano1.jpgやはり最近思うのは、ICTは入口だということです。シニアの生徒さんはPCやタブレットの使い方だけを習いたいのではなく、そこにある「場」を欲しているのだなぁと思います。なのでいかに心地良い「場を」提供できるか、そこが、自宅でもなく職場でもなく、それ以外の第三の場、よくいうサードプレースですよね。心地よくて、知的好奇心旺盛な、それでいて気が置ける仲間がいる。
そこにおいて、お勉強だけでなく、自分たちのアンテナで、今皆さんが楽しんでもらえる、PC、タブレット以外のアクティビティ(遊び、体験、活動)も提供することが一番大事な事だと感じています。
 
hirano3.jpg【3】最近のエピソードを教えてください。

私のシニアクラスは、アスプスマートシニア倶楽部と名づけましたが、脳トレ(脳若講座)も取り入れた、2時間のクラスです。半分は脳若、半分はiPadのお勉強なのですが、すでに皆でスターバックスでwifi体験しに行ったり、蕎麦打ち体験したり、我が家(鳥海山の麓にあるカフェ、「家カフェBio」)に課外授業と称して授業つぶしてランチしに行ったり、かなり自由奔放なクラスなってしまっております。勉強しに来てるのか、遊びに来てるのかの境目のない感じです(^_^;)。あとは、コンサート体験に絵画鑑賞会かな。
自分が楽しんで心が躍らないと、生徒さんにも伝わりません。ワクワクしないと売上げもついて来ないのではと思いますね。何が先かというとワクワクですよ。

最後にひとこと。

シニアマーケットは難しいと言われ続けておりますが、シニアの皆さんに本当にかけがえのない場所だと認識してもらえたら、そこにはお金が回るのはもちろんのこと、お金では買えない本当の喜び溢れる場になるはずです。これから経済も社会も大きな変革が訪れると思いますが、心豊かな生活ってなんだろうって感じながら、人に喜ばれる役割を担っていきたいものですよね。
 
アスプコンピュータスクール酒田校
住所:〒998-0841
山形県酒田市松原南6-1
電話番号:0234-26-6440
教室HP:http://www.c-assist.com
[2016年2月18日 10:30]
<<先生リレー記事「笑顔...HOMEパソコープ事務局の浅...>>
Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved